インプラントで食べる

歯を失ったらインプラント

トップ / 歯を失ったらインプラント

インプラントの種類について

歯を失くしてしまい、食べ物を美味しく食べることができなくて困っている人もいるでしょう。そのような人にはインプラントがおすすめです。これは、人工歯根を埋め込み、人工歯とそれを装着する連結部分などで成り立っている構造になります。この人工歯根の種類として、最も多く使用されているスクリュータイプはねじのようなものであり、シリンダータイプでは年統計に凹凸のないものになり、バケットタイプは中が空洞になっているものであり、T字の板状がブレードタイプです。このようにインプラントには、大きくは4つの種類があるのです。

ブリッジとインプラントの違い

歯を失った場合の治療法としてブリッジとインプラントがあります。どちらの治療法が優れているのでしょうか。ブリッジが優れているのは保険適応になっているということです。そのため、自己負担のお金のみで治療が可能です。しかし、デメリットもあり、周囲の健康な歯を固定のために削らなければならず、将来的には健康だった歯まで失う可能性があります。インプラントの場合にはあごの骨に固定するため、他の歯に依存しません。そのため、口腔内全体の健康を考えた場合にはこの方法がもっとも優れていると言えます。

インプラントの技術情報