インプラントのケア

インプラント周囲炎とは

トップ / インプラント周囲炎とは

インプラントに起こる炎症

歯とその周辺の組織に炎症が起こり、放置しておくと歯そのものが失われてしまうのが歯周病ですが、インプラント治療を受けた後にも同じような炎症が起こることがあります。これを周囲炎といいます。発症原因は、治療後の日々のケア不足だったり、歯科医院での定期的なメンテナンスを怠ったことによる歯垢の蓄積です。歯垢が蓄積することによって歯周病菌が増殖しますので、歯周病同様の症状を引き起こし、放置しておくと顎の骨まで溶かしてしまいかねません。折角、綺麗な歯を手に入れてもケアを怠るとそれすらも失ってしまいますので、インプラント治療後は定期的に歯科医院へ通うようにしましょう。

気になるインプラント治療

失った歯を補う新たな治療法として注目を集めるインプラント。歯が失われた部分の骨に土台となる金属を埋め込み、ここに人口の歯を作るこの方法は、入れ歯と異なり特別な手入れがほぼ必要なく、違和感も少ないために若者を中心に年々希望者が増えています。一方で、土台金属を埋め込むためには外科手術が必要。比較的簡単とされていますが、手術で炎症を起こす人もいます。炎症がひどい場合は治療が続けられないこともあり、注意が必要です。保険適応外のため比較的高額になるインプラント、自分に合った治療法を選んで健康な歯を保ちましょう。

インプラントの技術情報