インプラントの人工歯

インプラントで快適生活

トップ / インプラントで快適生活

インプラントと差し歯の違い

インプラントと差し歯はともに歯の治療方法のひとつであり、虫歯などによって欠けてしまった歯のかわりとして、人工の歯をつくって、その欠けた部分に差し込むというものです。しかしながら、差し歯はもともとの歯の根っこの部分に新しくつくった人工の歯をかぶせるのに対して、インプラントでは、あごの骨に金属を埋め込んで根っこにあたる部分を人工的につくり出した上で、さらにその金属に人工の歯をかぶせるといった違いがあります。したがって、差し歯で対応が可能なのは、もとの歯の根っこが残っている場合に限られます。

オールオン4 東京で治療を希望されている方へ。
高度な技術と最新の設備が必要な治療です。治療実績が豊富なこちらの医院なら安心です。遠方から治療に来られています。

インプラントと無痛手術

インプラントの手術は、メスでいったん歯茎を切開した上で、チタンなどの金属製の部品を人工歯の土台として埋設するのが一般的であり、場合によっては金属があごの骨に定着する期間を待って、再度手術をして人工歯を据え付けることもあります。そのいっぽうで、最近では「無痛手術」とよばれる、歯茎を切らないでするインプラント手術の方法も開発されています。ただし、持病などがないことが必要で、人体の内部のようすを3Dで観察できるCT撮影機器などを保有している歯科医院で行うことが前提となります。

インプラントの技術情報