インプラントの土台

インプラントにかかる期間

トップ / インプラントにかかる期間

インプラントと仮歯の装着

歯を失ってしまった場合の治療としてインプラントの人気が高まっていますが、この治療は時間がかかる傾向があります。埋め込んだ人工の歯根がしっかりと定着するまで待つ必要があり、入れ歯やブリッジと比べて完成までに時間がかかる傾向にあります。そしてその間は歯がない状態が続くことになりますが、仮歯を入れることができますので、噛み合う歯や隣の歯を動くのを防ぐことができます。最近のインプラント治療は埋め込み後にすぐ仮歯を入れられる治療も登場していますが、減りやすく外れやすいものですので、本物の歯と同じというわけではないので、そこは理解しておきたいものです。

インプラントにおける仮歯

インプラントは失った歯の代わりに、ネジを骨に埋め込むことで、自分の歯のように噛めるようにする治療です。手術でネジを骨に埋入しますが、埋め込んでからしばらくの間、ネジが骨につくまで待たなければいけません。しかし、この待っている間は何もしないのではなく、消毒をしたり、腫れがないかチェックしたり、仮歯を作っていきます。インプラントは最終的なかぶせものが入る前に、仮歯で形や噛みあわせを調べていくのです。歯のなかったところに、埋め込みますので、舌が当たって気になるなど症状がある場合はこの段階で主治医に言うことで、自分にあったかぶせものをつけられます。

インプラントの技術情報